腎臓病も痛風も食事療法で改善|美味しい暮らしは健康も支える

和食

プリン体摂取を控える

doctor

もし痛風にかかってしまったのであればプリン体を含むような食材を摂取することは控えた方が良いです。食事をするのはとても楽しいことで、脂質が多い食材や甘いものほど美味しく感じることも多いです。しかし、そんな食事を続けていればいつか身体に限界をきたしてしまいます。糖尿病や高血圧などは総称して生活習慣病とも呼ばれていますが、これは偏った食事をすることによって引き起こされるものなのです。その生活習慣病の一つが痛風となります。痛風になる原因としては体内で尿酸が過剰に作られてしまうことです。尿酸は通常であれば尿の中に排出され、尿とともに体外から取り除かれます。しかし痛風の症状が進行すると尿酸が体内に留まったままになってしまうのです。尿酸はプリン体によって作られるといわれていますので、食事もプリン体が少ないものを摂取すべきです。

尿酸が過剰に作られないようにして痛風を予防、もしくは治療するのであれば、食事に含むことを控えて欲しい食材があります。痛風を引き起こしてしまう原因のプリン体を多く含む食材はあん肝、レバーなど肝臓系の肉だといわれています。その他ロース肉、エビ・カニなどの甲殻類など、動物性の肉を多く摂取するとプリン体も同時に過剰に摂取されてしまうのです。飲み物でいえばビールなどもプリン体が多いです。食事の際にこれらの食材を取り入れる時は、なるべく茹でてそのゆで汁を捨てることが大事です。痛風など食事療法のサービスを取り扱っている業者なら、調理法にも十分に気をつけて食事を提供してくれます。