腎臓病も痛風も食事療法で改善|美味しい暮らしは健康も支える

和食

飽きないメニューと満足感

看護師

継続させる工夫も

内臓の病気の中で増加傾向にあるのが腎臓病です。身体の中にある老廃物や、必要のない水分を尿として排出する重要な器官が腎臓で、血圧の調整など血液にも大きく関係しています。この働きが悪くなると腎臓病となり、むくみなどの症状や血圧が上がってしまったり、次第に身体全体の機能が低下してしまうのです。症状を抑えるには、この臓器の負担を軽減させる必要があり、その中の一つが低たんぱくを意識した腎臓病食に切り替えるという点です。たんぱく質は老廃物を出しやすく、調整することで臓器の負担が軽減されます。近年では、腎臓病食を宅配で提供するサービスが増加していて、各社ごと特徴のある内容で好評となっています。このような食事では、飽きないように工夫するという点が重要なポイントです。一社だけではなく、複数の会社で注文すると、飽きずに継続させることができます。

発展を続けるサービス

毎年増加し続けていると発表される腎臓病ですが、日本国内において、すでに患者数は数十万人となっています。一度臓器が壊れてしまうと治らないと言われていますが、管理することによって症状を改善できる点も特徴です。そのためにも腎臓病食は重要で、宅配サービスも増加傾向にあるのです。一般的な宅配弁当の需要が増加傾向にあるのと同じく、腎臓病食における宅配サービスの内容も進歩してきています。主に冷蔵や冷凍で届けられるので、急いで食べる必要もなく、食事の時間を管理しやすいというメリットもあります。提供会社が増加したことによって競争が起こり、数ある業者の中から選ばれる、おいしさの追及も進んでいます。今後は利用者の満足度も高くなり、更なるサービスの発展が予測されます。