腎臓病も痛風も食事療法で改善|美味しい暮らしは健康も支える

料理

健康を保つ大事な臓器

和食

初期症状を見逃さない

腎臓は身体を常に良い状態に保つ働きをする臓器で、有害物質などを尿として体外へ排出します。腎臓病になると自覚症状が少ないので、見逃さないように注意が必要です。腎臓の機能が低下すると腎不全になりますが、急性のものと慢性のものがあります。注意すべき初期症状としては、疲れやすい、身体がだるい、頭痛がする、身体がむくむなどがあります。これらの症状は誰にでも見られるものなので、気づきにくいのです。見逃すと気づかないうちに悪化して腎不全になります。また腎臓病は普段の生活で予防することができます。血液の流れが悪いと腎臓の活動量が落ちるので、適度な運動をすることが予防になります。また水分補給と塩分の制限も予防効果があります。

タンパク質と塩分を控える

腎臓病になったら食事療法が行われます。食事療法の大事なポイントはタンパク質を取りすぎないようにすることです。取りすぎると腎臓に負担がかかり症状が悪化します。またエネルギーを十分に取ることが必要です。甘いお菓子などはエネルギーの元になりますが、タンパク質も多く含まれているので注意が必要です。サラダ油やマヨネーズなどは少量で高エネルギーが取れます。また腎臓病になるとナトリウムを排出する能力が低下するので、塩分は控えることも食事療法の大事なポイントです。特に加工食品や練り製品は控えた方がいいです。塩のかわりにレモンや酢などで味付けをするのがコツです。今のところ食事療法と人工透析が腎臓病の治療法ですが、最近では腎臓病を悪化させる原因細胞が発見されたので、これによって新しい治療法が開発されていきます。

プリン体摂取を控える

doctor

内臓系の病気に羅患してしまったのであれば食事に特に気をつける必要があります。もし痛風にかかってしまったのであれば、プリン体を多く含むような食材を取り入れるのは控えた方が良いです。

Read More...

飽きないメニューと満足感

看護師

年々増加傾向にあるのが腎臓病で、患者数の増加とともに、腎臓病食の宅配サービスも増加傾向にあります。メニューは様々ですが、飽きずに継続させるためにも、複数のサービスを利用するという工夫も必要です。このようなサービスが増加して競合するようになり、利用者が更に満足するような内容で開発が進められています。

Read More...

血糖を上手にコントロール

女性

糖尿病は、自分の食事の適正量を知っていれば、恐れることはない病気です。根治療法こそ見つかってはいませんが、血糖値をコントロールすることはできるのです。食事療法への意識を高めて、糖尿病になりづらい生活を、今こそ見直してみることが必要なのです。

Read More...